一人暮らしおすすめのwifiは?利用方法や特徴をまとめてみた!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
ルーターラビット

大学に進学する際や、新社会人になるタイミングで一人暮らしを始める方は少なからずいらっしゃるかと思います。

その中でも、一人暮らしをしていく中でwifiを利用したい方は多いでしょう。

wifiを利用するためにはいくつかの方法があります。

本記事では、現在のwifiの利用方法や、その中でも一人暮らしおすすめのwifiをお伝えしていきます。

wifiを使用するためのいくつかの方法には、それぞれの特徴やメリット・デメリットがあります。

一人暮らしおすすめのwifiを利用する方法や、その選び方などをまとめていきますので、

一人暮らしでwifiの導入を検討しているが、どのような形でwifiを利用しようか悩んでいる方や、そもそもwifiを利用する方法がわからない方などは是非本記事の内容を参考にしてください。

目次

wifiを利用する方法

wifiを利用する方法は大きく分けて3種類あります。

それぞれに特徴があり、一人暮らしおすすめのwifiと一言で言っても、wifiを利用する方の特色によっておすすめできる手段が変わってきます。

一人暮らしおすすめのwifiの利用方法を1つずつお伝えしていきます。

光回線を導入してwifiを利用する

一人暮らしおすすめのwifiの1つ目は、光回線を導入する利用する方法になります。

光回線は何といっても、通信速度や通信の安定性が他の利用方法に比べて非常に高い点が大きいメリットになっています。

基本的に自宅内だけでwifiを利用する場合や、オンラインゲームなどの大容量の通信をして、通信速度が重要なサービスを利用する場合は、光回線を導入してwifiを利用することをおすすめします。

さらに、光回線でwifiを利用する場合には基本的に通信量の制限がありません。

なので通信量を気にすることなく、wifiを利用した高速通信が可能となっています。

しかし、光回線を導入してwifiを利用する際の注意点は、まず導入にあたって回線工事が必要になってくる部分です。

時期によっては、回線工事をするまでに数週間から数ヶ月かかってしまうこともあるので、光回線を導入したくてもすぐに利用できるわけではありません。

また、回線工事をしたらすぐにwifiを利用できるわけではなく、wifiルーターを用意しなければならないので、時間と手間がかかる点には注意しなければなりません。

さらに、賃貸アパート・マンションに一人暮らしをする際には、光回線導入の回線工事自体がNGの物件もありますので、もし賃貸住宅にて光回線を導入したい場合には確認が必要です。

しかしながら、光回線を導入してwifiを利用する形が最も通信速度・通信の安定性が高いので、注意点が気にならない方にとっては一人暮らしおすすめのwifiの利用方法と言えるでしょう。

ホームルーター(置くだけwifi)を使用してwifiを利用する

一人暮らしおすすめのwifiの2つ目は、ホームルーター(置くだけwifi)を使用する方法です。

この方法では、契約をして手元にホームルーターが届いた段階で、コンセントに挿すだけでwifiを利用することができます。

最大のメリットとしては、コンセントに挿すだけでwifiを利用することができるという利便性にあります。

先ほどお伝えした光回線を導入してwifiを利用する方法だと、回線工事を必要とするほか、配線もごちゃごちゃしてしまい、見栄えが良くなくなってしまうケースが考えられますが、

ホームルーターを使用する形であれば、回線工事を必要とせず、配線もホームルーターからコンセントに挿すためのケーブルのみで済むので、部屋の景観を損なうことなくwifiを利用することができます。

しかし、ホームルーターの注意点としては、まず光回線と比較すると通信速度や通信の安定性は劣る傾向にあります。

通信速度や安定性を最優先に考えるのであれば、一人暮らしおすすめの方法としては光回線と言えるでしょう。

また、光回線は基本的に通信量は無制限ですが、ホームルーターの場合は“通信量実質無制限”という場合が多いです。

一定期間の間に多くのデータ通信があった場合に通信速度の制限が入るため、実質無制限という表現になっています。

光回線ほど、通信速度は速くなく、通信量も完全に無制限というわけではないので、一部の方からすると物足りない機能だと感じるかもしれません。

さらに、基本的にホームルーターは契約している住所以外では使用できない場合がほとんどです。

契約している住所以外でホームルーターを使用した場合、ホームルーターが使用できなくなってしまいます。

場所を問わずwifiを利用したい場合には、後述する“モバイルwifi”を使用する方がいいでしょう。

しかし、現在は5G回線に接続できるホームルーターも出てきているので、光回線ほどではないにしても以前に比べて格段に通信速度や安定性は向上していますし、

家のコンセントがある場所であれば自由にルーターを設置できる自由度は大きいメリットと言えるので、

一人暮らしおすすめのwifiの利用方法の1つになります。

モバイルルーター(モバイルwifi)を使用してwifiを利用する

一人暮らしおすすめのwifiの3つ目は、モバイルルーターを使用する方法です。

モバイルルーターの最大のメリットは、持ち運ぶことができ、電波が繋がる場所であればどこでもwifiを経由する形でインターネットに接続することができる点です。

光回線も、ホームルーターも好きな場所に持ち運んで使用することはできません。

また、ホームルーターと同様に回線工事を必要としないため、端末が手元に届き次第すぐに使用することができます。

自宅内でも、外出時でもwifiを利用することができるので、一人暮らしおすすめのwifi利用方法の1つと言えるでしょう。

しかし、モバイルルーターの注意点としては、光回線やホームルーターと比較すると通信速度や通信の安定性に劣る傾向にある部分です。

特に光回線と比較した場合、通信速度や安定性は大きく低下するので、

オンラインゲームのような通信速度や安定性が必要になるサービスを利用している方や、大容量の通信を頻繁に行う方には不向きなwifiの利用方法と言えます。

ですが、モバイルルーターは自宅内外問わず、通信端末をwifiに接続することができる点が大きいメリットとなっているので、

自宅内だけではなく、外出時にもwifiを利用したい一人暮らしおすすめのサービスとなっています。

テザリングでインターネットに接続する

これは番外編と言えるかもしれませんが、スマートフォンには“テザリング”という機能があり、他の通信端末をインターネットに接続することができます。

テザリングではスマートフォンがwifiルーターのような役割をします。

スマートフォンのテザリングのメリットとしては、光回線やホームルーター、モバイルルーターとは違い、

wifi機器を使用せずにパソコンやタブレットのような通信端末をインターネットに接続することができる点にあります。

もちろん、光回線を導入するときのように回線工事も必要としません。

これまでお伝えしてきた3種類のwifiの利用方法と比較しても、最も簡便にインターネットに接続することができる方法になります。

さらに、その他のwifiの利用方法と比較して、wifiを利用するための価格を抑えることができる点や、wifi端末を設置、もしくは所持しなくてもいい部分がメリットです。

一人暮らしでは可能な限り、出費を抑えたい方が多いと思いますので、その点を加味すると一人暮らしおすすめのwifiの利用方法になるでしょう。

しかし、このテザリングの注意点としては、通信速度がこれまでお伝えしてきたwifiの利用方法の中でも最も遅くなってしまいます。

生活するうえで、通信速度を求める方はおすすめできないやり方になります。

また、テザリングではスマートフォンのデータ通信量を消費する形となるので、使用できるデータ量が決まっているプランだとすぐに通信速度制限にかかる可能性があり、

スマートフォンのバッテリー消費も大きくなるのでその点は注意しなければなりません。

ですが、料金を低く抑えられる点や、スマートフォンが1台あればパソコンやタブレット端末などのインターネット接続が可能になる点など

多くのメリットがあるので、一人暮らしおすすめの方法の1つと言えるでしょう。

一人暮らしでのwifi利用方法の選び方

これまでwifiを利用する方法をお伝えしてきました。

さらにそのどれも一人暮らしおすすめのwifiの利用方法と説明しています。

理由としては、どのような方が利用するかによって、どの利用方法が1番適しているかが変わってくる為です。

万人に最適な利用方法がないのと同時に、それぞれの利用方法におすすめできるメリットがあるので、一人暮らしおすすめの“wifiの利用方法の選び方”をお伝えしていきます。

とにかく通信速度の速さを重要視している方は?

wifiを利用する中で、通信速度や通信の安定性を1番重要視している方は多いのではないでしょうか?

シンプルに通信速度や安定性が優れていることが、インターネット通信をする際の快適さに繋がってくるので、非常に大切な要素の1つになります。

通信速度を求める方におすすめのwifiの利用方法は“光回線”を導入する方法です。

光回線を利用する形が最も通信速度が速く、通信の安定性が高い方法になるので、

オンラインゲームや高画質での動画視聴のように多くのデータ通信をする場合には、光回線を導入する方法がストレスフリーでwifiを利用できるでしょう。

光回線を介してwifiを利用する場合は、回線工事が必要なので、すぐには利用できない点だけ注意が必要ですが、

賃貸住宅で回線工事が可能な場合や、自宅内でのみwifiを利用したい場合には一人暮らしおすすめの1つと言えるでしょう。

利用する場所で選ぶ

自宅内だけでwifiを利用する方は?

自宅内でのみwifiを利用する一人暮らしおすすめのwifiの利用方法は、光回線もしくはホームルーターを使用する形となります。

その中でも通信速度を優先して、快適にインターネットに接続したい場合は光回線

住居の問題で回線工事ができない場合、もしくは回線工事をしたくない場合、配線を多くしたくない方はホームルーターを使用することをおすすめします。

自宅外でもwifiを利用する方は?

自宅外でもwifiを利用する一人暮らしおすすめのwifiの利用方法は、モバイルルーターを使用する形となります。

モバイルルーター最大のメリットは自宅内外問わず、電波が繋がる場所であればwifiを利用できる点にあります。

最近のモバイルルーターでは“クラウドSIM”を利用しているものも多く、

大手3大キャリア(docomo・au・ソフトバンク)の電波を受信することができるので、日本中ほとんどの地域でwifiを利用することができます。

また、できるだけコストを抑えたい方はスマートフォンのテザリングという機能を利用して、パソコンやタブレットなどの通信端末をインターネットに接続することができます。

しかし、通信速度はモバイルルーターよりも遅い傾向にある点や、スマートフォンのデータ通信を消費する部分には注意が必要です。

データ容量を気にする方は?

wifiを利用するうえで、多くのデータ通信量を消費する一人暮らしおすすめのwifiの利用方法は光回線もしくはホームルーターを使用する形となります。

基本的に光回線ではデータ通信量無制限、ホームルーターでは実質データ通信量無制限(一定期間内で大量のデータ通信を行った際には通信速度制限あり)となっているので、

多くのデータ通信を行う場合、一人暮らしおすすめのwifiと言えるでしょう。

料金を気にする方は?

wifiを利用するうえで、必要な料金はなるべく低く抑えたい方も多くいるでしょう。

特に一人暮らしでは、家賃や光熱費などの必要経費がどうしてもあるので、可能な限り安くwifiを利用する一人暮らしおすすめの方法としては、モバイルルーターを使用する形が挙げられます。

キャンペーンや、使用しているスマートフォンのキャリアによる割引などもあるので、一概には言えませんが、基本的に光回線、ホームルーターと比較するとモバイルルーターを使用する料金が低い傾向にあります。

なので通信速度や安定性よりも、料金を最優先に考えている一人暮らしおすすめのwifiを利用する方法としてはモバイルルーターが1番になります。

モバイルルーターよりもさらに料金を抑えたい方は、スマートフォンのテザリングを利用するのも1つの手です。

テザリングではスマートフォンの利用料金のみで、他の通信端末をインターネットに接続することができます。

ですが、通信速度はモバイルルーターよりも遅く、スマートフォンのデータ通信を消費する点、スマートフォンのバッテリー消費が大きくなる点には注意しなければなりません。

質問コーナー

1番通信速度が速いwifiを利用する方法はなんですか?

基本的に通信速度が1番速いwifiを利用する方法は光回線を導入する形となります。

回線工事を必要としますが、光回線を用いる方法が最も通信速度が速く、通信の安定性が高いので、通信速度を最優先に考えるのであれば光回線がおすすめです。

一人暮らしをする場合はwifiは必要でしょうか?

使用する通信端末がスマートフォンのみの場合はwifiは必ずしも必要とは言えません。

しかし、パソコンやタブレットなどの端末を利用するのであればwifiを利用することをおすすめします。

スマートフォンのテザリングを利用する方法もありますが、通信の快適さを考えた場合、他の方法でwifiを利用する方法が勝っているといえます。

wifiの利用方法や、一人暮らしおすすめのwifiの選び方は本記事の内容を確認してみてください。

wifiを外で利用する方法はありますか?

現在、wifiを外でも利用する方法としてはモバイルルーターを使用する方法があります。

自宅内外問わずwifiを利用したい場合はモバイルルーターを利用する方法がおすすめです。

まとめ

ルーターラビット

本記事ではwifiを利用する方法や、一人暮らしおすすめのwifiを利用する方法などをまとめてきました。

wifiには様々な利用方法があるので、誰がwifiを利用するのかによっておすすめできる利用方法が変わってきます。

現代では、オンラインゲームや様々な動画を視聴できるサービス、自宅内でのリモートワークなど、求められる通信環境は年々優れたものになってきています。

一人暮らしをするうえで、自身が何を重要視してwifiを選ぶのかを考えて、本記事でまとめている情報を参考にしながら一人暮らしおすすめのwifiの利用方法について考えてみてください。

本記事の内容が、一人暮らしを始める方にとって少しでも役立つ形になっていれば幸いです。

コチラの記事もおススメです。

あわせて読みたい
ポケット型wifi(モバイルwifi)選びのおすすめ決定版!人気ランキング10選! ポケット型WiFi(モバイルWiFi)の選び方、おすすめ商品ランキング10選!メリット・デメリット、料金比較、通信速度、オンラインゲームや動画配信向けの選択肢、5Gの影響などについて詳しく解説。

ルーターラビットおすすめインターネット回線!

NURO光

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する日本の超高速インターネットサービスです。

特に高速な光ファイバー接続を提供し、最大2Gbpsのダウンロード速度を誇ります。

この驚異的な速度は、動画のストリーミング、大容量のデータ転送、オンラインゲームなど、帯域幅を大量に消費するアクティビティに最適です。

NURO光のもう一つの特徴は、その安定性です。

高速だけでなく、信頼性の高い接続を提供するため、ビジネス用途やリモートワークにも適しています。

さらに、NURO光はさまざまな付加価値サービスも提供しており、セキュリティソフトウェアの提供や、Wi-Fiルーターのレンタルなどがあります。

ソニーのブランドを背景に持ち、技術的な専門知識と顧客サービスにおいても高い評価を受けているため、日本国内での高速インターネット接続を求めるユーザーにとって、魅力的な選択肢となっています。

45,000円分現金キャッシュバック!

ビジモ光

ビジモ光は、NTT東日本・西日本のフレッツ光と同じ回線を使用したインターネットサービスです。

超高速最大10Gbpsの通信速度を提供し、フレッツ光を使用している方はそのままビジモ光に切り替えられます。

また、ビジモ光は回線とプロバイダーをセットにしたサービスで、料金体系がお得であり、請求も一本化されます。フレッツ光が開通しているエリアならどこでもお乗り換えが可能です

最大30,000円キャッシュバック!

ドコモ Home 5G

ドコモ Home 5Gは、日本の大手通信事業者NTTドコモによって提供される5Gベースのホームインターネットサービスです。

このサービスは、最新の5G通信技術を活用して、高速かつ安定したインターネット接続を家庭内で提供します。

特に、光ファイバー接続が利用できない地域や、設置が難しい環境にいるユーザーにとって有益な選択肢となります。

Home 5Gの主な特徴は、その高速データ通信能力です。5Gネットワークを通じて、非常に高速なダウンロード速度とアップロード速度を実現し、オンラインゲーム、4Kや8Kの動画ストリーミング、大容量ファイルのダウンロードなど、データ集約型のアクティビティに最適です。

加えて、設置が簡単で利便性が高い点もこのサービスの重要な特徴です。

専門的な設置作業が不要で、ユーザーはデバイスを自宅に設置し、簡単な設定を行うだけでサービスを利用開始できます。

また、ドコモのネットワークインフラストラクチャーを背景にしているため、全国的に広範なカバレッジを提供しています。

総合的に、ドコモのHome 5Gは、日本におけるホームインターネットの選択肢として、特に5G技術の利点を活かしたいユーザーに適しています。

最短1ヶ月15,000円キャッシュバック!

BIGLOBE WiMAX

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: efd15719ecc2c5b87a96f364c1786276-1024x448.png

BIGLOBE WiMAXは、日本で人気のあるモバイルWi-Fiサービスの一つです。

このサービスは、高速なインターネット接続を提供し、特に都市部や郊外での使用に適しています。WiMAX 2+技術を活用しており、特にモバイルやリモートワークの需要が高いユーザーにとって便利な選択肢です。

初期設定が不要で、データ端末にSIMカードを挿入するだけで利用可能です!

クーポン有効期限:2024年3月4日23:50まで

1年間ずーっと税込3,773円!
翌月1万円キャッシュバック!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次