「hi-ho Let’s Wi-Fi」の評判は?利用者の声を確認!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
ルーターラビット

「hi-ho(ハイホー) Let’s Wi-Fi」の評判、気になりますよね。
楽しそうなネーミングである「hi-ho」の運営会社は(株)ハイホーです。

実は前身の松下電器産業(Panasonic)が運営していたサービスでした。

長年の実績を受け継いでいるhi-ho。

さまざまなサービスを提供しています。

この記事では鬼コスパキャンペーンを提供している「hi-ho Let’s Wi-Fi(モバイルwifi)」と評判について事実確認をしたいと思います。

目次

hi-ho Let’s Wi-Fiの評判は?

評判
出典:Unsplash

「hi-ho Let’s Wi-Fi」の評判は正直、良くないです。

筆者がhi-ho Let’s Wi-Fi評判を調べたところ、通信の遅さを含めて悪い意見が目立つ印象でした。

詳細は後述します。

hi-ho Let’s Wi-Fiとは?

ハイホーイメージ
出典:Unsplash

【運営会社】
(株)ハイホー 
前身会社:松下電器産業(現:Panasonic、1995年Panasonic:hi-hoを開始)
途中で運営会社が変更していますが25年以上の実績があるインターネットサービスです。
Panasonicの知名度はいうまでもありません。
「長年のノウハウを受け継いだサービス」だといえます。
hi-hoは光回線やスマホSIMコース、モバイルwifiなど、さまざまサービスを提供しています。

hi-hoのサービスの中には、「ライフサポート」というオプションサービスもあります。
家電の修理の手配や電気設備などのトラブルに24時間365日対応が可能など独自のサービスを提供しています。

【hi-ho Let’s Wi-Fiの特徴】

hi-hoLet’s Wi-Fiはモバイルwifiを使って利用をすることが可能です。

hi-ho Let’s Wi-Fi独自の特徴を整理したところ、大きく分けて2つあります。

【特徴その1】海外100カ国以上、手続き不要で利用が可能(別途料金が必要) 
海外100カ国での利用が可能ですので、海外出張が多い人や海外周遊を計画している人には最適なwifiですね。

【特徴その2】1日4GBと1日7GBの大容量のプランを提供 

・ライトプラン 1日の通信量が4GB以上の場合:利用日の翌々日の送受信を最大128Kbpsに制限されます。
・通常プラン  1日の通信量が7GB以上の場合:利用日の翌々日の送受信を最大128Kbpsに制限されます。
(利用データの確認は「WEBの使用量確認ページ」で確認が可能です)

【hi-ho Let’s Wi-Fiの料金プラン】

ワイファイ
出典:Unsplash

hi-ho Let’s Wi-Fiの料金プランは2種類あります。
①ライトプラン、②通常プランです。
それぞれの特徴を下記の表にしています。

ライトプラン通常プラン
月額料金(申込月は日割り計算)3,838円(税込)4,730円(税込)
GB相当数120GB相当(1日4GB)210GB相当(1日7GB)
通信の目安(動画)
※右記4項目は動画通信の目安
(公式サイト情報を全て引用)
・YouTube約370時間
・U-NEXT約143時間
・NETFLIX約222時間
・ZOOM約200時間
・YouTube約648時間
・U-NEXT約250時間
・NETFLIX約389時間
・ZOOM約350時間
※両プラン別途ユニバーサル料金が必要:数円程度

※上記は通常価格です。
キャンペーン利用により料金が期間限定で安くなります(下記1例参照)。

上記の表で確認すると、1日4GBで大容量の通信を利用できることがわかります。

ライトプランだと、動画視聴サービス「U-NEXT」で約143時間視聴が可能です。

仮に映画1本の視聴時間が2時間だとします。

ライトプラン、1日4GBを目安として、143(時間)÷2(時間)=71.5本 

映画だけの視聴なら理論上では「1日約72本視聴が可能」という換算になります。

そう考えるとライトプランですら視聴量にも余裕がある料金プランになっていて、お得です。

【キャンペーン】

また、hi-ho Let’s Wi-Fiでは大容量と最安級が売りの「もっと!鬼コスパキャンペーン」というサービスを提供しています。

「もっと!鬼コスパキャンペーン」は2022年7月1日から開催されているキャンペーンで公式サイトからの申し込みが必要です。

2023年、11月26日現在も公式サイトでは終了の報告はありません。

【「もっと!鬼コスパキャンペーン」特徴】
・先着1,000台 
・月額3,278円(税込)(ライトプラン:24ケ月間、通常プラン:12ケ月間)
・事務手数料0円 (通常3,300円)

下記以外にも黒字に青と黄色、赤の3色がカラフルな広告で紹介がされています。

「もっと!鬼コスパキャンペーン」だけに「鬼」をイメージできるような色合いですね。

引用:hi-ho公式サイト

上記(例)・通常プランキャンペーンを利用
通常料金に比べ、2023年11月26日時点で「初月は半額以下」
「1~11ヶ月は1,500円弱の月額料金の削減」が可能です。
初月と11ヶ月までの月額料金削減額は20,000円以上でお得です。

【契約期間】
hi-ho Let’s Wi-Fiでは契約期間として、2年縛りがあります(以後自動更新)。
課金の開始日を含む翌月が1ヶ月目と換算されます。

【端末価格】 
分割24回払いで月々、550円(税込) 
合計13,200円(税込) 

引用:hi-ho公式サイト

【端末の特徴】
軽量で薄い上に高性能です。
hi-ho Let’s Wi-FiはクラウドSIMを利用しているので、安定した通信が期待できます。
「ドコモ/ソフトバンク/auのネットワーク・LTE」対応、利用エリアや建物の環境によって最適な通信キャリアの回線を自動選択して利用が可能です。

端末は公式サイトによると、hi-ho Let’s Wi-Fiで利用可能な端末は1種類です。
念のため、端末などの詳細は公式サイトでご確認ください。

【通信速度】
下り(受信)最大150Mbps、上り(送信)最大50Kbps 
(※最大速度はシステム上で実測値ではないとのことです)

動画視聴をスムーズにできる速度は一般的に30Mbpsだといわれています。

hi-ho Let’s Wi-Fiの通信速度はあくまで目安です。

理論上では、仮に最大速度が発揮された場合は通信速度が早いといえます。

【hi-ho Let’s Wi-Fi端末保証】
オプション月:額550円(税込)端末の破損、水漏れなどが原因で故障した場合無償で交換可能なサービス

【解約手数料】
ライトプラン3,480円 通常プラン4,300円 
(各更新月は0円、更新月:24~26ヶ月目)

解約の時期によって解約手数料が必要な点は解約手数料不要なプロバイダーがある中、残念な部分です。

【初期契約解除はできる?契約解除の方法は?】
初期契約解除は可能です。
契約解除の方法としては申請が必要です。

商品受け取り日から起算、8日以内に「hi-hoインフォメーションデスク」へ申請手続きをする必要があります。
契約解除申請日から7日以内に一式を返却しないといけません。
(ただし、契約事務手数料、ユニバーサルサービス料金、端末返送料金が利用者負担)

「もっと!鬼コスパキャンペーン」特典適用外の条件
キャンペーン特典適用外の条件が3つありますので注意が必要です。
【条件】
①キャンペーン特典を受ける前にコース変更をした場合、または解約した場合
②受け取り拒否などにより対象端末がhi-hoに返却され「キャンセル」になった場合
③初期契約解除をした場合

 折角「もっと!鬼コスパキャンペーン」を利用するならお得に月額料金を利用するために、条件確認に注意が必要です。

【hi-ho Let’s Wi-Fi利用のメリット・デメリット】

メリットデメリット
・大容量通信でも追加料金なくお得に利用
・設定がカンタン
・利用エリア海外100カ国以上と多国での利用が可能
・キャンペーンで月額料金を一時的に削減可能
・クラウドSIMで最適な通信を自動で選択
・2年縛りあり
・利用端末が1種類
・更新月により解約事務手数料が必要
・初期契約解除時、端末返送料金などの負担あり

hi-ho Let’s Wi-Fiをおすすめする人
・海外間での移動が多い人
(海外出張が多く、多国での利用を考えている人や海外周遊を計画している人など) 
・大容量のデータを最安級で使いたい人 

hi-ho Let’s Wi-Fi評判を知るための口コミは?

評価
出典:Unsplash

hi-ho Let’s Wi-Fiの評判を知るために調べたところ、最新の口コミ情報は確認がとれませんでした。

hi-ho Let’s Wi-Fiとの区別がつかない意見でhi-hoサービス全体を含めた評判だと、

①「悪い口コミで心配だったが問題なく利用できている」
②「料金が安い」
③「サポートのメール対応が早い」

という良い意見もありました。

同条件で、悪い意見は下記の3種類の意見が多くありました。

①「通信速度が遅い」
②「お客様サポートの電話がつながらない」
③「解約しづらいようなシステムになっている」、「解約がしづらい」

当サイトのほかの記事でほかにカシモWiMAXの記事があります。
カシモWiMAXでの悪い意見は「通信速度の遅さと不安定さ」という通信面の1種類が中心でした。

ですが、hi-ho 全体を含めた評判だと「サポート」「解約」の面でも不満の声がでています。

総合的にみるとモバイルwifiを提供しているプロバイダーとしては、カシモWiMAXの方が良い評価でした。

そのほか、運営会社が変わってから「サービスが悪くなった」という趣旨の意見もありました。

【X(旧Twitter)、hi-ho Let’s Wi-Fi利用者の意見】

X(旧Twitter)の意見で数年前の投稿になってしまいますが、

筆者がhi-ho Let’s Wi-Fiの評判を確認したところ、hi-ho Let’s Wi-Fiの評判は悪い意見の方が多くみられました。

【料金面】※掲載価格は最新のものと違う可能性があります。

hi-ho Let’s Wi-Fiの料金面での評判はどうでしょうか。

通信大容量が売りのhi-ho Let’s Wi-Fiです。

通信量によって、追加料金が発生するモバイルwifiだと、通信量を頻繁に気にする必要があります。

その点、hi-ho Let’s Wi-Fiだと通信量が大容量であり料金も月額料金に含まれているので安心ですよね。

【通信面】

約3年前の意見で「通信が安定している」という意見もありましたが

「通信が遅い」という意見の方が全体的には多かったです。

土日や夜間の通信の遅さを指摘する声もありました。

一番上の投稿は朝、通信が安定しているとの意見ですので、

多くのwifi利用で共通していえることだと思いますが、特に夜間の通信速度に影響がでること(回線の混雑)もhi-ho Let’s Wi-Fiの評判が良くない一因かもしれません。

https://twitter.com/MT000001/status/1358800836705488896?s=20

2021年の投稿では、身に覚えのない通信制限があったようです。

また、ほかにも「突然、通信速度が遅くなった」という意見や「2021年以前に比べると通信速度が遅くなった」という意見がいくつかあります。

「24時以降の切断が目立つ」という投稿もありました。

hi-ho Let’s Wi-Fiの評判は通信の遅さや不安定さを中心にした意見が多いです。

このモバイルwifiの通信の遅さには、さまざま原因があるためまずは原因を絞ることが必要です。
主には、①回線②機器③電波に原因があるようです。
特に集合住宅や回線が混雑じている時間帯はインターネットがつながりにくい傾向があります。
hi-ho Let’s Wi-Fiの評判で悪い意見である通信の遅さ。
機器の影響や住環境や回線混雑の影響を受けているかもしれません。

以上、hi-ho Let’s Wi-Fiの評判を調べてみました。

正直、hi-ho Let’s Wi-Fiの評判は良くないです。

ですが、デメリットよりも大容量通信を最安級で利用できたり、海外多国で利用できたりを含めて利用するメリットが上回る人は試してみる価値はあると思います。
実際にサービスを利用をしてみると状況に合い、使いやすいと感じる人もいるからです。

良かったら、公式サイトで詳細を確かめてみてください。

まとめ

ルーターラビット

今回は、hi-ho Let’s Wi-Fiの評判について、ご紹介しました。
hi-ho Let’s Wi-Fiの評判は正直良くない意見が目立ちました。

ですが、hi-hoサービス利用者の中には「悪い口コミを見て心配だったけど問題なく利用している」という意見がいくつかでていたのも事実です。

これはwifi全般にいえることかもしれませんが同じwifiサービスを利用しても、自分の利用状況がほかの人と同じ状況だとは限らないのです。

そのため、「大容量通信を最安級で利用したい人」や「海外間での移動が多い人」には向いているサービスの可能性があります

もし、利用条件があうならば初期契約解除も可能ですので利用を検討してみるのも良いかもしれません。

コチラの記事もおススメです。

あわせて読みたい
ホリエモバイルとは?基本情報や機能・評判まとめ ホリエモバイルの基本情報、料金体系、データプラン、メリット、ユーザー評判についての詳細なまとめ。docomo回線使用、データ繰り越し、通話し放題の特典などを含む。

ルーターラビットおすすめインターネット回線!

NURO光

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する日本の超高速インターネットサービスです。

特に高速な光ファイバー接続を提供し、最大2Gbpsのダウンロード速度を誇ります。

この驚異的な速度は、動画のストリーミング、大容量のデータ転送、オンラインゲームなど、帯域幅を大量に消費するアクティビティに最適です。

NURO光のもう一つの特徴は、その安定性です。

高速だけでなく、信頼性の高い接続を提供するため、ビジネス用途やリモートワークにも適しています。

さらに、NURO光はさまざまな付加価値サービスも提供しており、セキュリティソフトウェアの提供や、Wi-Fiルーターのレンタルなどがあります。

ソニーのブランドを背景に持ち、技術的な専門知識と顧客サービスにおいても高い評価を受けているため、日本国内での高速インターネット接続を求めるユーザーにとって、魅力的な選択肢となっています。

45,000円分現金キャッシュバック!

ビジモ光

ビジモ光は、NTT東日本・西日本のフレッツ光と同じ回線を使用したインターネットサービスです。

超高速最大10Gbpsの通信速度を提供し、フレッツ光を使用している方はそのままビジモ光に切り替えられます。

また、ビジモ光は回線とプロバイダーをセットにしたサービスで、料金体系がお得であり、請求も一本化されます。フレッツ光が開通しているエリアならどこでもお乗り換えが可能です

最大30,000円キャッシュバック!

ドコモ Home 5G

ドコモ Home 5Gは、日本の大手通信事業者NTTドコモによって提供される5Gベースのホームインターネットサービスです。

このサービスは、最新の5G通信技術を活用して、高速かつ安定したインターネット接続を家庭内で提供します。

特に、光ファイバー接続が利用できない地域や、設置が難しい環境にいるユーザーにとって有益な選択肢となります。

Home 5Gの主な特徴は、その高速データ通信能力です。5Gネットワークを通じて、非常に高速なダウンロード速度とアップロード速度を実現し、オンラインゲーム、4Kや8Kの動画ストリーミング、大容量ファイルのダウンロードなど、データ集約型のアクティビティに最適です。

加えて、設置が簡単で利便性が高い点もこのサービスの重要な特徴です。

専門的な設置作業が不要で、ユーザーはデバイスを自宅に設置し、簡単な設定を行うだけでサービスを利用開始できます。

また、ドコモのネットワークインフラストラクチャーを背景にしているため、全国的に広範なカバレッジを提供しています。

総合的に、ドコモのHome 5Gは、日本におけるホームインターネットの選択肢として、特に5G技術の利点を活かしたいユーザーに適しています。

最短1ヶ月15,000円キャッシュバック!

BIGLOBE WiMAX

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: efd15719ecc2c5b87a96f364c1786276-1024x448.png

BIGLOBE WiMAXは、日本で人気のあるモバイルWi-Fiサービスの一つです。

このサービスは、高速なインターネット接続を提供し、特に都市部や郊外での使用に適しています。WiMAX 2+技術を活用しており、特にモバイルやリモートワークの需要が高いユーザーにとって便利な選択肢です。

初期設定が不要で、データ端末にSIMカードを挿入するだけで利用可能です!

クーポン有効期限:2024年3月4日23:50まで

1年間ずーっと税込3,773円!
翌月1万円キャッシュバック!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次