ahamo(アハモ)に乗り換えたい!タイミングはある?その手順と費用・注意点を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
ルーターラビット

月々に掛かる料金を見直した際、「ちょっと高いかなぁ?」と感じてスマホの乗り換えを検討する人も多いでしょう。

スマホの乗り換えをする場合に気になるのは、月額料金はさることながら「手順がめんどくさそう」という声もよく耳にします。

どうせなら、なるべく安くシンプルに乗り換えたいですよね。

そこでここでは、シンプルな料金プランで注目度が上がっているahamo(アハモ)について、ahamo(アハモ)に乗り換える場合に参考にしてほしい情報をまとめてみました。

  • ahamo(アハモ)に乗り換えた場合の月額料金20GBで使えるデータ容量

  • ahamo(アハモ)に乗り換えのタイミングはあるのか

  • ahamo(アハモ)に乗り換える事前準備と手順方法

  • ahamo(アハモ)に乗り換える際の注意点
ルーターラビット

主に、以上の4つの点を分かりやすく解説。

「そもそもahamo(アハモ)とは?」~ahamo(アハモ)乗り換えに関するよくある質問・Q&Aコーナーもご紹介します。

ahamo(アハモ)に乗り換えを検討している人は、ぜひ参考になさってください。

目次

ahamo(アハモ)に乗り換えの前に「そもそもahamo(アハモ)とは?」

question mark drawed on blackboard

ahamo(アハモ)とは、NTTドコモが提供しているモバイルサービスです。

〇毎月のデータ容量『20GB:2,970円(税込)/月』がワンプランで使えることで、分かりやすい料金設定で幅広い世代から注目度が上がっているモバイルサービス。

どちらかというとデジタルネイティブ世代をターゲットにしている傾向ですが、乗り換えでありがちな各種手数料割引など細かい条件を極力シンプルにワンプランにしました。
※デジタルネイティブ世代とは:生まれた時からインターネットやスマホなどデジタルがある環境で育った1990年~2000年代の人のこと。

シンプルワンプランにしたことで注目度が上がっているワケですが、どのくらいシンプルになっているのか?

まずは気になる「月額料金」から、解説していきましょう。

ahamo(アハモ)に乗り換えた場合の月額料金と20GBで使えるデータ容量

ahamo(アハモ)がワンプランとして打ち出した月額料金は、『20GB:2,970円(税込)/月』を基本料金として利用できるというものです。

〇各キャリアでは毎月のデータ容量が最大100GBも使えるプランもあり。
しかしそれには手数料利用期間オプション加入などと細かい手順を踏まないと対象にならないなど複雑。

ahamo(アハモ)は、そういった手順をシンプルにしました。

ahamo(アハモ)とドコモの通信料金比較

実際に、ahamo(アハモ)とドコモの通信料金がどのくらい違うのか比較してみましょう。

ahamo(アハモ)ドコモ
20GB:2,970円(税込)・5Gギガホ プレミア
3GBまで:5,665円(税込)
3GBから:7,315円(税込)

・5Gギガライト
1GBまで:3,465円(税込)
3GBまで:4,565円(税込)
5GBまで:5,665円(税込)
7GBまで:6,765円(税込)

ご自身の普段のギガ使用率が30GB以上は使うというなら、ahamo(アハモ)にした方がお得になりますね。

〇ただし、ドコモの家族割を利用すると最大2,387円の割引が適用されるので、「5Gギガライト」の3GBまでの料金の方がお得になる場合もあり。

ドコモの割引もチェックしておく必要がありますね。

しかし、「なんだかんだいってやっぱり20GBまでは使ってるなぁ」ということなら、アハモがお得です。

20GBで使えるデータ容量はどのくらい?

ahamo(アハモ)は20GBということですが、どのくらいのデータ容量なのか目安をまとめています。

用途目安
動画視聴(HD画質(720p)約20時間
音楽再生約360時間
※約4,000曲再生
Webサイト閲覧最大約132,000ページ閲覧
※1ページ150KBと仮定した計算
1日あたり:毎日4,400ページ閲覧
メール送受信40,000通
※1日あたり:約1,333回
LINEの音声通話約800時間
※毎日約27時間

20GBは、ネット検索やチャットなど普段通りの使い方で丁度いい容量なのですね。

ahamo(アハモ)に乗り換えのタイミングはあるのか

ahamo(アハモ)に乗り換えのタイミングは、「あります!」

ahamo(アハモ)に限っていうと、実は乗り換えの時期・タイミングは『月末』がベストなのです。

なぜ、月末?

月末は日割りになり、費用負担が抑えられるからです。

〇ただし!日割り計算になるのは、他社からahamo(アハモ)に乗り換える場合の絶好のタイミングということ。

ドコモからahamo(アハモ)プランに変更する場合は、この料金の日割り計算がないので特別タイミングというのはありません。

ドコモからahamo(アハモ)プランに変更の場合は、変更前または変更後の1ヶ月分のプラン料金が請求されます。

変更前のプラン料金が請求される場合と、変更後のアハモのプラン料金が請求される場合とがあり、どちらが請求されるかは変更前のプランを確認してください。

出典元:ahamo(アハモ)

ahamo(アハモ)が日割り計算するのは、ahamo(アハモ)の開通が完了した時点からです。

他社の場合、日割り計算がないことが多いので、きっちり月末まで利用する方が損をしません。

〇しかし、ahamo(アハモ)の申し込みを月末ギリギリでするとSIMカードの到着が遅れ、開通が翌月になってしまう可能性があり。

タイミングがあるとすれば、月末にahamo(アハモ)の開通が完了するようにしましょう。

ahamo(アハモ)に乗り換える事前準備と手順方法

ここからは、ahamo(アハモ)に乗り換える際の手順をご紹介します。

この場合、まず『新規契約or他社からの乗り換え』『ドコモからahamo(アハモ)にプラン変更』のどちらかを選択するところからです。

ちょっと待ってください。手順に移る前にahamo(アハモ)に申し込むための「事前準備」が必要です。

まずは、「ドコモからahamo(アハモ)にプラン変更」からご紹介しましょう。

ドコモからahamo(アハモ)にプラン変更する際の事前準備

ドコモからahamo(アハモ)へ変更する際に、ドコモで事前に手続きするサービスが残っていた場合は、まずドコモのサイトで事前準備をする必要があるので見ていきましょう。

1:ahamo(アハモ)のサイトでプラン変更の申し込みをする。
2:申し込み手続きの途中、システム側が契約内容を自動チェック。
3:ドコモで事前に必要な手続きが残っている場合、そのサービス名と必要な手続きが表示される。
4:My.docomoで契約内容の変更・廃止の手続きをする。

ドコモからahamo(アハモ)へ変更する際、一部ドコモで利用していたサービスがahamo(アハモ)で利用できないサービスがあります。

ahamo(アハモ)で利用できないサービスは、ahamo(アハモ)へのプラン変更が完了した時点で自動廃止されるのでMy.docomoで確認しておきましょう。

ドコモからahamo(アハモ)にプラン変更する場合、アハモへの申し込みはahamo(アハモ)の「専用サイト」のみで行えます。

他社からahamo(アハモ)に乗り換える際の事前準備

他社からahamo(アハモ)に乗り換えする場合の事前準備は、以下の通りです。

1:本人確認書類
2:dアカウントの会員登録
3:支払いに必要なもの
4:登録するメールアドレス
5:MNP予約番号

1:本人確認書類

本人確認書類に使えるのは、主に以下の4つです。

1:運転免許証
2:マイナンバーカード
3:健康保険証※健康保険証提出時には、公共料金領収書などの補助書類も提出
4:住民基調台帳など

各種手続きで必要な確認書類について

dアカウントの会員登録

ahamo(アハモ)に申し込みする際は、dアカウントにログインして手続きを進めます。

dアカウントをお持ちでない人は、事前にdアカウントに会員登録を行ってください。

〇dアカウントに登録すると、アハモの使用状況請求金額確認オプションの変更などができるようになる。

dアカウント会員登録ページ

支払いに必要なもの

支払いに必要なものは、「クレジットカード」または「銀行口座・キャッシュカード」いずれかが必要です。

〇スマホ・アクセサリーなど一括購入の場合:クレジットカードのみの決済
〇本人認証サービス(3Dセキュア)を登録している場合:本人認証パスワードが必要

登録するメールアドレス

登録するメールアドレスは、以下の2点どちらかになります。

キャリアで利用中のアドレスを有料で引き続き利用する
キャリアメール解約して破棄する※Gmailなどを利用する

MNP予約番号

MNP予約番号は、他社からアハモに乗り換える際に必要になる10桁の番号です。

この番号には有効期限があり、その有効期限は『予約当日を含めた15日間』となります。

〇MNP予約番号の手続きを行うと、電話番号はそのままで他社の携帯電話に乗り換えができる。

ahamo(アハモ)に乗り換える手順方法

いよいよ、ahamo(アハモ)に乗り換える際の手順方法です。

手順方法は、大きく以下の5つのようになります。

1:申し込みを選ぶ:『新規契約or他社からの乗り換え』or『ドコモからahamo(アハモ)にプラン変更』
2:端末を購入:『する』or『しない(現在使用しているスマホを利用)』
3:電話番号を引き継ぐ:『同じ番号を利用する』or『新しい番号を発行する』
4:eSIMで契約する:『する』or『しない』
5:dアカウントを持っていますか?:『はい』or『いいえ』

上記の手順は、前述した「事前準備」を終えたあとのアハモへの乗り換え手続きです。

メールアドレス電話番号・dアカウントの登録など、見落としがないか今一度チェックしてから乗り換え手続きをしましょう。

ahamo(アハモ)に乗り換える際の注意点

ahamo(アハモ)に乗り換える際は、注意しておく点があります。

以下に、注意点をまとめました。

  • 申し込みはオンラインのみ
  • ドコモからアハモへ乗り換え時、利用できなくなるサービスがある
  • キャリアメールは別に申し込みの必要がある
  • 契約できる年齢は18歳以上
  • SIMロック解除が必要なことがある
  • 端末はすべてに対応していない

それぞれ詳しく解説していきます。

申し込みはオンラインのみ

ahamo(アハモ)に乗り換えのための申し込みをする場合、ahamo(アハモ)の公式サイトであるオンラインのみで申し込みを受け付けています。

つまり、店舗や電話での申し込みはしていません。

インターネットが苦手な人には、少々気後れしてしまうでしょう。

しかし、オンライン上での申し込みは順序が分かりやすく案内されていますので、画面の指示に従って進めていけば時間も掛からず申し込みが完了します。

店舗で申し込みした場合、待ち時間が長いこともあるので、そういう意味ではオンライン上ならいつでも手間なく簡単に申し込みができるのです。

〇もし、どうしてもオンラインは不安という場合、ドコモショップでは3,300円(税込)で店舗サポートが受けられます。

ドコモからahamo(アハモ)へ乗り換え時、利用できなくなるサービスがある

冒頭でも少し触れましたが、ドコモからahamo(アハモ)へ乗り換え時の注意点は、ドコモで利用していたサービスahamo(アハモ)で利用できなくなるサービスがあるということです。

キャリアメールは別に申し込みの必要がある

キャリアメールというのは、今持っているスマホや携帯を契約したときにキャリアの名前が入ったメールアドレスのことです。

例えば、docomoならメールアドレスの「@(アットマーク)docomo.ne.jp」となっているアドレスがキャリアメールと呼ばれます。

ahamo(アハモ)にはこうしたキャリアメールがありません。

そのため、ahamo(アハモ)に乗り換えた時点でそれまで利用していたキャリアメールが利用できなくなるのです。

しかし、各キャリアの『持ち運びサービス』を利用すると、それまで利用していたキャリアメールがアハモでも使えるようになります。

各キャリアの持ち運びサービスの概要です。

出典元:ahamo

契約できる年齢は18歳以上

ahamo(アハモ)に申し込みできる年齢が決まっていて、18歳以上で申し込み可能になります。

したがって、18歳未満の未成年の人は申し込みできません。

保護者が契約して未成年者を利用者登録することはできる。
ドコモで他の料金プランの場合は、保護者の同意書があれば未成年者が契約できる。

SIMロック解除が必要なことがある

ahamo(アハモ)に乗り換える場合、それまで使っていたスマホを引き続き使うには、SIMロック解除する必要があります。

これは、ahamo(アハモ)以外でも他社へ乗り換えするときに、同じようにSIMロック解除が必要になることがあるので注意が必要です。

『SIMロック解除が必要なワケ』
なぜ、SIMロック解除が必要か?それは、SIMロックというのはそれまで使っていたキャリアでしか使えないようにロック(制限)が掛かっていたから。

したがって、他社への乗り換え時はこの制限を解除する必要があるのです。

しかし、このSIMロックが掛かっていないスマホもあります。

例)ドコモでは2021年8月27日以降の発売されたスマホは、SIMロックが掛かっていません。

SIMロック解除については、各携帯電話会社にSIMロック解除に関したページがあるので、そこから確認してみてください。

端末はすべてに対応していない

ahamo(アハモ)以外でもいえることですが、乗り換えにすべての端末が対応しているワケではありません。

各携帯電話会社によって、乗り換えOKな端末が異なるのです。

キャリア乗り換えを検討する際は、今使っているスマホが対応しているか必ず確認してください。

ahamo(アハモ)では、『対応端末一覧』が公開されていますので、ahamo(アハモ)に乗り換えを検討している人は是非チェックしてみましょう。

ahamo(アハモ)乗り換えでよくある質問・Q&Aコーナー

ここからは、ahamo(アハモ)乗り換えについてのよくある質問・Q&Aコーナーです。

注目度の高いQ&Aを集めましたので、チェックしてみてください。

Q:ahamo(アハモ)の欠点は何ですか?
Q:ahamo(アハモ)にしない方がいい人は?
Q:ahamo(アハモ)に変えた方がいい人は?
Q:ドコモとahamo(アハモ)ではどちらが安いですか?

それぞれのQ&Aを見ていきましょう。

Q:ahamo(アハモ)の欠点は何ですか?

A:ahamo(アハモ)は利用できるデータ容量が、「20GB」「100GB」のみとなっています。
そのため、毎月のデータ容量が高かったり低かったりと波がある人は「繰越プラン」があるキャリアを選ぶ方がいいでしょう。

Q:ahamo(アハモ)にしない方がいい人は?

A:ドコモのキャリアメールをメインに使っているという人にはおすすめできません。
月々のデータ容量も毎月20GB以下しか使っていないという人は、他の格安SIMが安い場合
があります。
さらに、留守番電話や転送電話をよく使うという人もアハモはおすすめできません。

Q:ahamo(アハモ)に変えた方がいい人は?

A:毎月のデータ容量が20GBくらいは使っているという人にはおすすめです。
アハモは20GBが基本プランで、5分の通話が無料で2,970円(税込)なので、同じデータ容量の他キャリアと比べても断然安いのでおすすめできます。

ドコモとahamo(アハモ)ではどちらが安いですか?

A:ドコモの場合、料金プランに割引を適用していることもあり多少安くなるのですが、ahamo(アハモ)は細かい条件を省いてシンプルな料金設定で初めから安く設定されています。
またドコモは5分間かけ放題で月額770円掛かるのに対し、ahamo(アハモ)は無料な点が魅力です。

ahamo(アハモ)乗り換えのまとめ

ルーターラビット

今回は、ahamo(アハモ)乗り換えについての情報をお伝えしてきました。

ここで、ahamo(アハモ)乗り換えについての情報のおさらいです。

〇ahamo(アハモ)は、細かい条件を極力省き、20GBで月額2,970円(税込)とシンプルプラン
〇20GBは、サイト閲覧・動画視聴・メール送受信すべてにおいて普段使いで十分な容量
〇ahamo(アハモ)に乗り換えのタイミングは、日割り計算のある「月末」がおすすめ
〇ahamo(アハモ)に乗り換え時には、dアカウント登録や電話番号・メールアドレス引継ぎなど事前準備が重要

ルーターラビット

安く利用できることが、何を購入するにおいても一番いいことです。

しかし、安さだけを重視していてもいけません。

あらゆる方向から、本当に自分に合っているかを慎重にチェックした上で決めれば失敗することはまずないでしょう。

ahamo(アハモ)はシンプルプランが魅力なので、デジタル機器初心者の人でもまずはahamo(アハモ)から初めてみるといいかもですね!

コチラの記事もおススメです。

あわせて読みたい
石原さとみとNTTドコモのirumo(イルモ):革新的なサービスの全貌! 石原さとみがイメージキャラクターを務めるNTTドコモのirumo(イルモ)に関する深掘り記事です。格安SIMプランの特徴、ユーザーの評価、そしてその社会的意義を解析。経済的なデータ通信プランが日常生活にもたらす変化を探り、石原さとみの影響力がブランド認知度に与える効果を考察します。
あわせて読みたい
石原さとみの魅力が輝く!NTTドコモのirumo(イルモ)CMを徹底解析! 人気女優・石原さとみさんが出演するNTTドコモの革新的なirumo(イルモ)CMシリーズに焦点を当てます。エンターテインメントとテクノロジーの融合が生み出す独特の世界観、石原さとみさんの魅力的な演技、CMの社会的影響や視聴者の反応について深く掘り下げます。

ルーターラビットおすすめインターネット回線!

NURO光

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する日本の超高速インターネットサービスです。

特に高速な光ファイバー接続を提供し、最大2Gbpsのダウンロード速度を誇ります。

この驚異的な速度は、動画のストリーミング、大容量のデータ転送、オンラインゲームなど、帯域幅を大量に消費するアクティビティに最適です。

NURO光のもう一つの特徴は、その安定性です。

高速だけでなく、信頼性の高い接続を提供するため、ビジネス用途やリモートワークにも適しています。

さらに、NURO光はさまざまな付加価値サービスも提供しており、セキュリティソフトウェアの提供や、Wi-Fiルーターのレンタルなどがあります。

ソニーのブランドを背景に持ち、技術的な専門知識と顧客サービスにおいても高い評価を受けているため、日本国内での高速インターネット接続を求めるユーザーにとって、魅力的な選択肢となっています。

45,000円分現金キャッシュバック!

ビジモ光

ビジモ光は、NTT東日本・西日本のフレッツ光と同じ回線を使用したインターネットサービスです。

超高速最大10Gbpsの通信速度を提供し、フレッツ光を使用している方はそのままビジモ光に切り替えられます。

また、ビジモ光は回線とプロバイダーをセットにしたサービスで、料金体系がお得であり、請求も一本化されます。フレッツ光が開通しているエリアならどこでもお乗り換えが可能です

最大30,000円キャッシュバック!

ドコモ Home 5G

ドコモ Home 5Gは、日本の大手通信事業者NTTドコモによって提供される5Gベースのホームインターネットサービスです。

このサービスは、最新の5G通信技術を活用して、高速かつ安定したインターネット接続を家庭内で提供します。

特に、光ファイバー接続が利用できない地域や、設置が難しい環境にいるユーザーにとって有益な選択肢となります。

Home 5Gの主な特徴は、その高速データ通信能力です。5Gネットワークを通じて、非常に高速なダウンロード速度とアップロード速度を実現し、オンラインゲーム、4Kや8Kの動画ストリーミング、大容量ファイルのダウンロードなど、データ集約型のアクティビティに最適です。

加えて、設置が簡単で利便性が高い点もこのサービスの重要な特徴です。

専門的な設置作業が不要で、ユーザーはデバイスを自宅に設置し、簡単な設定を行うだけでサービスを利用開始できます。

また、ドコモのネットワークインフラストラクチャーを背景にしているため、全国的に広範なカバレッジを提供しています。

総合的に、ドコモのHome 5Gは、日本におけるホームインターネットの選択肢として、特に5G技術の利点を活かしたいユーザーに適しています。

最短1ヶ月15,000円キャッシュバック!

BIGLOBE WiMAX

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: efd15719ecc2c5b87a96f364c1786276-1024x448.png

BIGLOBE WiMAXは、日本で人気のあるモバイルWi-Fiサービスの一つです。

このサービスは、高速なインターネット接続を提供し、特に都市部や郊外での使用に適しています。WiMAX 2+技術を活用しており、特にモバイルやリモートワークの需要が高いユーザーにとって便利な選択肢です。

初期設定が不要で、データ端末にSIMカードを挿入するだけで利用可能です!

クーポン有効期限:2024年3月4日23:50まで

1年間ずーっと税込3,773円!
翌月1万円キャッシュバック!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次