menu
閉じる
  1. DMMモバイルが契約手数料無料のキャンペーンを開始!
閉じる
閉じる
  1. UQモバイルがついに家族割を導入!家族割の対象や申請方法は?
  2. UQモバイルやDMMモバイル等のMVNOではLINEの年齢制限が解除で…
  3. DMMモバイルが契約手数料無料のキャンペーンを開始!
  4. 【激ヤバ】auからUQモバイルにお得に乗り換える裏技
  5. UQモバイル 最新の料金プランについて
  6. Windows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」事前予約…
  7. なんと月額料金が半年間無料の格安SIM登場!(DTI SIM)
  8. イオンが格安SIMに参戦!イオンスマホの内容、料金は?通話プラン、口コ…
  9. iPhone6s発表間近!!さて、今回のiPhoneはどうなる?
  10. 格安スマホ端末の購入に分割は可能か?
閉じる

格安sim、格安スマホを比較してみよう

格安スマホ端末の購入に分割は可能か?

格安スマホを所有するために必要な条件として、SIMフリーのスマホ端末とその端末に挿入するSIMを用意する必要がありますが、SIMフリーのスマホに関してはこれまで使用してきたスマホを使用することができない場合は新たに用意するところから始めます。

スマホの端末を用意すると言ってもさすがに費用の負担からすぐに入手することはできないという人も多いと思いますが、最近だと端末は1万円程度で入手することができるようになっているものの、それでも一括で支払う場合は結構な負担です。

それに安い端末だと故障や不具合、可用性の悪さなどのデメリットも否めず、長期的に使用を考えている場合やこれまで使用してきた主要キャリアのスマホと同じように使用したい場合は少し値が張っても最初からそれなりのスマホ端末を入手しておきたいものです。

その場合はSIMの購入を検討している会社で販売されているSIMフリー端末の購入をおすすめしますが、セットで購入することで割引がされることに加えて、だいたいのところで分割購入することができます。

これは主要キャリアのスマホを購入して契約する方法と全く同じになりますが、格安SIMを販売している会社であっても取扱いがされているSIMフリーの端末については主要キャリアと同程度なので使用性についても可用性についても劣るところがありません。

ただし、一定期間の解約に手数料がかかるなどの条件がある場合も少なくないため、契約前に必ず確認しておきましょう。

関連記事

  1. スマホの使用目的を考える

  2. SIMフリーの通信速度の問題

  3. 格安スマホの機能性について

  4. タブレット端末との相違点

  5. 日本と海外のSIMに対する温度差

  6. パソコンとの類似点

おすすめ記事

  1. DMMモバイルが契約手数料無料のキャンペーンを開始!

カテゴリー

ページ上部へ戻る